< Back

教室に並んだ背表紙

図43.jpg
文芸
出版社

集英社

著者/監修者
相沢 沙呼
(アイザワ サコ)
ISBN

978-4-08-771694-8

​出版年月

2020.12
SIZE
PAGE
296
​内容紹介
寂しくて、迷ってしまったときは“物語”を読んで―。
図書室を舞台に、“読書”との出会いで変わっていく少女たちの心模様を描く、全六篇の連作短編集。
図書委員のあおいはある日、苦手な同級生を図書室で見かける。本に興味がないはずの彼女が、毎日来るのはなぜだろうと疑問を抱き…(「その背に指を伸ばして」)。
中学校の「図書室」を舞台に、クラスへの違和感や未来の不安、同級生に対する劣等感など、思春期の心模様を繊細に描き出す。
​ポイント
2019年『medium 霊媒探偵城塚翡翠』が国内ミステリランキングを席巻し、大ヒットした著者による、2020年末刊の新作。
図書室を舞台に読書の良さを感じさせつつ、ミステリー作家ゆえの仕掛けも楽しめ、ライトな読み口ながら本好きにもアピールできる作品。