子どもの目が危ない  「超近視時代」に視力をどう守るか

図43.jpg
出版社

NHK出版

著者/監修者
大石寛人 /NHKスペシャル取材班
新書(医学)
ISBN

978-4-14-088657-1

​出版年月
2021/6/10
SIZE
182x103
PAGE
192
​内容紹介
スマホとゲームで眼球の形が変わる。調査を行った小学校6年生の約8割が近視――。スマホやタブレットの使用、ゲームのやり過ぎが、子どもたちの目を脅かしている。眼球が伸びて、形が変わってしまう「軸性近視」が、将来の白内障や緑内障のリスクを高めるほか、最新の研究によってうつ病などにもつながりうることがわかってきたのだ。科学的根拠のある治療法から、生活習慣の見直し、眼鏡・コンタクトレンズの正しい選び方まで、世界水準の防衛策を詳しく紹介。
​ポイント
大石寛人(おおいし・ひろと):
NHKディレクター。NHKスペシャルやクローズアップ現代、ガッテン、サイエンスZEROなどの番組を担当し、「防災」「原子力」「近視」などのテーマを中心に取材。
素材データ代金:各4万円(NET)
logo_edited.jpg
図2.png
logo_edited.png
crossmedia.png
logo_corporate_edited.jpg
集英社.png
図1.png
chuokeizai_edited.jpg
logo.png
logo.png
medical.jpg